hddの修復ソフトが必要になる時

hddには様々な故障原因があり、修復ソフトが必要になる場合もあります。

hddの修復ソフトについて考える

hddの修復ソフトが必要になる時

ハードディスク(hdd)が壊れた経験はあるでしょうか?hddの修復にはソフトを使用する方法と、業者に依頼する場合があります。

では、hddがどのような場合に修復ソフトや業者に依頼する必要があるのでしょう?誰もが壊れると思いつつパソコンを使用している人はありませんが、まったく予期せぬところで壊れる可能性があるのでhddです。

まずhddの寿命ですが、個人の使用頻度によって大きく変わってきます。

毎日仕事等で8時間以上もパソコンを使用している人と、ちょっとした調べ物やネットショッピング程度にインターネットを使用しているだけという人とは消耗が違います。

一般的にはhddの寿命はおおよそ5年を目安にすれば良いと言われています。

その故障の原因となるのが、物理的ストレス(高温・高湿にさらされる)、物理的ショック(衝撃・振動)、ゴミの混入(たばこの煙・ほこり等)、使用時間、電源のon/offの回数、シーク(ランダムアクセス)等があります。

なので、hddが高温にならないように風をあてる、衝撃を与えない、無駄な電源のon/offや強制終了を避ける。

デフラグをすることで、データアクセスを円滑にする。

このようになるべくhddの負担を減らしてあげることで、hddの寿命はのびると言えます。

これらのことを気をつけることでhddの故障は予防できるとも言えます。